<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
いぬ温泉 ねこ温泉
約10年前まで、駒の湯山荘には三代にわたり犬がいました。

一代目 ポケ 真っ白なミックスの中型日本犬で、山を自由に駆け巡り、蛇を捕まえるのが得意でした。

二代目 ボク 一代目のポケが高齢になってきてからやってきたシーズー犬のオスで、中学生だった主人の犬でした。

三代目 メメ 二代目のボクのお嫁さんとしてやってきまして、駒の湯山荘、最後の犬でした。お客さまが来ると、必ずスリッパをもっていくという芸をもっていて、チビ女将と呼ばれていました。


駒の湯山荘の犬達は、みんな愛想が良いのが伝統でした。



d0144806_16164260.jpg


写真は、三代目のメメです。

今でも、大女将は、時折、犬を欲しがります。

けれど、若女将は、猫好きで、あまり犬を欲しがりません。

主人は、どちらにつくわけにもいきませんので、馬を飼おうと言い出した時期もありました。


冬の生活を考えると、しばらく犬や猫や馬を飼えそうもありません。



現在、駒の湯山荘には、温泉鯉とヒレイケチョウガイしかいませんが、

このような企画を応援しています。



「いぬ温泉 ねこ温泉」
みなさんの写真が一冊の本になるかもしれません。

「ねこ温泉」「いぬ温泉」の写真が募集されています。よい写真があれば、本にみなさまの撮った写真が掲載されるかもしれないという企画です。


温泉好き、写真好き、犬や猫が好きなお客様、旅の途中でお撮りになられた温泉地や宿で生きる犬や猫の写真を、応募してみてはいかかがでしょうか。
(駒の湯山荘の企画ではありませんので、応募先は↓まで)


http://ameblo.jp/rierienishi/day-20121203.html

d0144806_18331363.jpg



福島県のペット保護団体への寄付を目標にされているそうです。
[PR]
by komanoyu | 2012-12-12 15:56 | 日記
冬期休業のご案内
2012年11月13日午後、駒の湯山荘は冬休みに入りました。


今年度は、昨年のような天災などもなく、無事にシーズンを終えることができました。


中越大震災に見舞われてより、度重なる洪水や、中越沖震災、繰り返される大雪など、平穏な年がほとんどありませんでした。

けれど、それでも、なんとかこうして60年間、宿を守って来れたのは、多くのお客様の応援なくしてはありえなかったことと、心より感謝しております。

今より約60年前、祖父 恭四郎が温泉を求め、道無き山中に道を作り、つり橋をかけ、始めた駒の湯山荘。

未だ電気も通ってきていない辺境の谷にて、家族のようにこの宿を応援してくださる多くのお客様がいる限り、どれほど辛い試練が繰り返されようとも、これからも祖父の人生そのものだった宿と、父 恭一が命をかけ守った温泉と共に生きていきたいと思います。


d0144806_22384962.jpg


未だ石油ランプに頼らざるをえないような不便な宿ですが、来年、雪解けと共に、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

これからも、よろしくお願い申し上げます。

                                          駒の湯山荘 桜井隆光

                                              
[PR]
by komanoyu | 2012-12-12 15:54 | 日記
温泉宝石
d0144806_2243089.jpg
d0144806_22431560.jpg


日本の温泉によって、創造された宝石。
オパール。
遊色効果は認められませんので、プレシャスではなく、コモンオパールになると思います。

まさしく、ウォーターオパール。。。あまりに主人が欲しがるので、専門の学者さんが採取しに行かないか心配しておりました。

立ち入り禁止の危険な温泉地に行かなければ、このオパールはないそうです。危険な山は苦手なので、行きません。
[PR]
by komanoyu | 2012-12-03 23:59 | 鉱物
温泉の力
少し前、宿が終わってから、下呂温泉に勉強に行ってきました。

そして、そこで、


「温泉が生む微生物を、治療に使う」という研究をされている学者さまと知り合いました。


温泉の成分が体に効くという話は、最近、よく知られておりますが、温泉の生み出す微生物が、時に温泉以上に体に良い影響を与えるという実験データを見て、感動しました。

ヨーロッパの方では、この温泉の微生物の一部が特許として認められているそうです。

さらに、その温泉微生物の巣となる緑色の藻の写真を見たとたん、ぴんときました。


見たことがあると、、、いうより、この緑をやっつけるために苦労しているのです。おもにアルカリ性の温泉をもつ宿が、緑色の藻には苦労させられています。



d0144806_1627582.jpg



こちらは、駒の湯の温泉と緑色の藻です。某大学の医学部で研究をされている研究者さまに、さっそくお送りしました。

面白い発見があると、いいなあ、と願っています。
[PR]
by komanoyu | 2012-12-03 16:39 | 温泉