<   2012年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
黄金の鳥
ここのところ、背中が金色に輝く大きな鳥が、川原の露天風呂に入られているお客様に目撃されています。

何人ものお客様が見ており、その美しさと迫力に魅了されておられました。

目撃談としてましては、「トビくらいの大きさ」「トビよりも大きくて、鷹か鷲のような見た目」と言われるお客様が多く、また、「光の加減か背中が金色に輝いていた」「背中が黄色っぽかった」というお話が幾度となく報告されました。

数年前にも、二メートルくらいある大きな鳥が川原の露天風呂の目の前の木に飛んできて止まったという目撃談が連日のようにお客様より報告されたことがありました。

そのときは、日本自然保護協会の知人に連絡して確認をとったところ、「狭い谷の底をイヌワシが飛ぶことはありえないので、熊鷹かなにかの猛禽類でしょう。近くで見て、驚いて大きく感じたんじゃないかな。まあ、イヌワシが谷底を縫うように飛んでたら、イヌワシの新しい生態として大発見になりますよ」とのことでした。



そして、
数日前、
フロント前の囲炉裏場で、
お客様と大女将が、
黄金の鳥の話をしていたと思いましたら、
「来月までに調べておきますから、楽しみにしていてください」
と大女将が大きなことを言い出しました。

嫌な予感がしました。
そしたら、フロントでその話を聞いていた主人のところに、
大女将が当然のようにやってきて

「来月、もう一度、お客様がお泊りに来てくれるから、それまでに必ず、黄金の鳥の正体を調べておいてね」
と当たり前のように丸投げされてしまいました。

写真もなく、見たこともない鳥の正体を、来月までに調べなければいけなくなってしまい、そのことを連泊されていたお客様に愚痴ったところ、お客様が主人を不憫がり、黄金の鳥と思われる鳥の写真を二日連続で撮ってきてくださいました。



d0144806_21563777.jpg
d0144806_2157223.jpg


イヌワシの幼鳥です。

一日目は、駒の湯山荘の第二駐車場で、木の上に止まっている写真でした。
二日目は、駒の湯より徒歩、数分のところにある銀の道の上り口にて、上空を旋回しているイヌワシの幼鳥を写真に収められました。



イヌワシは、ゴールデンイーグルと呼ばれますので直訳すると「黄金の鷲」です。

専門家の話では、谷の底を縫うように飛ぶことはないようですが、今現在、駒の湯周辺をウロウロしている大きな鳥が何羽もいるとも思えませんので、きっとこのイヌワシに違いないと主人は確信し、重大な任務を終え(お客様がしてくださったのですが)ほっとしております。


d0144806_227358.jpg

[PR]
by komanoyu | 2012-09-28 09:43 | 日記
真珠の鑑別 その2
「真珠の鑑別その2」と言いましても、処理真珠の鑑別や、天然真珠と養殖真珠の鑑別などと掘り下げませんで、主人らしく脱線します。


前回、「真珠の鑑別」で、もっとも重要な検査として紹介させていただいた、顕微鏡による拡大検査。

顕微鏡で見ると真珠の表面に、指紋状、うずまき状、等高線状のいずれかの模様として確認できます。

現在、どのような精巧な模造真珠でも、真珠の表面にある模様を再現した模造品は存在していません。(巻貝 コンクパールの火炎模様は模造されています)

ですので、真珠の表面を顕微鏡で見て、指紋のような模様(指紋より遥かにミクロですが)などが見えたら、それは本物(模造ではないという意味で)の真珠の証拠となります。



そして、今回、変り種として紹介させていただくのは、カットされた真珠です。

d0144806_20482444.jpg
d0144806_20483721.jpg


海水真珠は「核」という丸いビーズのようなものを真珠貝の中に入れ、表面のみを美しい真珠層でコーティングさせます。

海水真珠の代表格であるアコヤ真珠の場合は、アコヤ貝に手術をしてから1年~2年で真珠ができあがります。


それに比べ、淡水真珠でもっとも高級とされるイケチョウガイの場合は、核を入れず、3年~5年をかけて芯から貝に作らせることが珍しくありません。
(淡水真珠でも、核を入れることもあります)


ですので、核の入っていない淡水真珠の表面を削って、よりキラキラした真珠を作ることも可能です。

では、本題です。

カットされた真珠は、当然、真珠の表面の模様が綺麗に削り取られてしまいます。

d0144806_2111315.jpg


主人の持っているサンプル(写真のカット真珠)は、一部、カットされていない部分がありますので、この部分を顕微鏡で観察すれば、結晶成長模様(指紋のような模様など)は確認できます。

けれど、すべての面をカットされてしまった真珠は、通常の結晶成長模様がないので困ってしまいます。

そのような時には、紫外線検査です。


d0144806_2154438.jpg


短波紫外線で照射してみると、見事に青白色蛍光を示しました。(黒い下地の方が検査はしやすいです)

一部、模造真珠の中にも、紫外線によって蛍光する物もありますが、やはり、手がかりが少ないときには、紫外線検査もあなどれません。


こうのようないざという時に役に立つ検査というのが、宝石鑑別の場合、意外と多いのです。




それと、カットされた真珠の面にも、年輪のような成長の跡が確認できます。四十倍の顕微鏡で観察して、やっと見えるほど(小さいですがくっきり見えます)非常に小さな年輪ですので、模造真珠でこのような年輪を再現するのは困難(たぶん不可能)と思われますので、このような特徴も重要な手がかりになります。
[PR]
by komanoyu | 2012-09-28 09:32 | 鉱物
新米 2012
2012年9月25日、ついに魚沼コシヒカリの新米が宿に届きました。


昨晩より、駒の湯山荘は、新米になりました。

コシがあって、光っています。

d0144806_10213578.jpg



やっぱり新米は、特別です。美味しいだけじゃなく、新米という響きを聞くだけで心から嬉しくなります。


今年も無事、命の糧であるお米が取れたことを、心より感謝しつつ、いただきました。
[PR]
by komanoyu | 2012-09-26 10:20 | お食事
真珠の鑑別
d0144806_9252048.jpg


ご宿泊のお客様へ、「おひとつどうぞ」キャンペーンとして、真珠のプレゼントをさせていただいているからでしょうか、駒の湯宝石教室にて、真珠に興味をもたれるお客様が何名様かいらっしゃいまして、少しだけ、マニアックに真珠の鑑別について。。。


こちらは、黒蝶、白蝶真珠の模造品です。
d0144806_9302499.jpg


真珠貝の粉末を、真珠養殖に使用している核にコーティングした物で、以前、大阪のメーカーさんが作っていた精巧な模造品です。現在は、生産中止ですので、ある意味、貴重です。


さて、模造品と、本物の真珠を区別する方法は、割と簡単で、確実です。

検査の方法は、いくつかあるのですが、決定的な証拠を得るには、拡大検査となります。
かといって、拡大検査のみに走ると、処理など他の兆候を見逃すことになるので、丁寧にできるだけ多くの検査をするように、主人が通った学校では、教えていただきました。


ただし、今回は、処理真珠の看破方法まで説明しますと、途方もなく長くなりますので、あくまで偽物(模造)か本物(養殖、天然を問わず)の鑑別方法について少しだけ説明させていただきます。


紫外線蛍光検査   真珠→青白色蛍光        模造真珠→変化なし(不活性)。例外あり

拡大検査   真珠→結晶成長模様を認む     模造真珠→結晶成長模様を認めず

すり合わせテスト 真珠→ひっかかる           模造真珠→つるつるすべる


まず、紫外線ですが、模造真珠でも、蛍光する模造品がありますので、これだけでは、決定的な根拠とはなりません。

すり合わせテストは、これは機材を必要としませんので、どこでもできるのですが、事前に模造真珠と真珠をなんどもすり合わせして感覚として、覚えておく必要があります。

あと、乱暴にすると、破壊検査になりかねませんので、他人様の物や高級なお店のものなどは、すり合わせるのに抵抗があります。怒られます。
主人の知る範囲でも、このテストをやって真珠を傷つけたという悲劇も聞いたことがあります。
優しくすり合わせるだけで、十分、分りますが、慣れない人にはお勧めできません。

拡大検査、これは淡水であれ海水であれ、二枚貝から生まれた真珠には、決定的な証拠が簡単に得られます。


宝石(実体)顕微鏡を四十倍程度に合わせ、照射照明で観察すると、二枚貝から生まれた真珠では、必ず結晶成長模様を確認することができます。

顕微鏡の写真をとることができないので、言葉での説明になってしまうのですが、
真珠の表面に、うずまき状、指紋状、等高線状、いずれかの模様がくっきりと見えます。

淡水真珠でも、海水真珠でも、二枚貝から生まれる真珠(アコヤ真珠、マベ真珠、白蝶真珠、黒蝶真珠、イケチョウ真珠など)に、指紋のような模様、もしくは、ぐるぐる渦巻きのうずまき模様などが見えるものは、模造品ではないという証拠になります。

模造品は、結晶構造を持っていませんので、たまごの表面の様な物が多く、プラスチック製やガラス製
の模造品などだと、気泡の穴なども確認できることがあります。

ちなみに、慣れてくると、10倍ルーペでも、光の加減で真珠の結晶成長模様を確認できることもありますが、基本的には40倍程度の顕微鏡で、それでも小さくしか見えませんが、コツさえつかめば、くっきりと確認できるはずですので、この方法がもっともお勧めです。
[PR]
by komanoyu | 2012-09-26 10:09 | 鉱物
登山のお客様へ
魚沼駒ケ岳は、非常に厳しい山です。

とくに駒の湯山荘より登るコースは、時間はそれほど長くありませんが、上級者向けの厳しいコースとなっています。

以前は、20代、30代の上級者しか登られませんでしたが、最近は50歳以上のお客様が挑戦されるようになり、事故やトラブルが多発しております。


また、雨が降るからという理由での前日、当日、キャンセルも多く、非常に困っております。


交通機関に影響がでるような豪雨であればキャンセルもいたし方のないことと思いますが、登山ができないからという理由でのキャンセル(またはその可能性のある場合)はお受けできませんので、ご了承ください。



d0144806_921363.jpg

[PR]
by komanoyu | 2012-09-26 09:23 | 日記
食前酒になっていました またたび酒
以前、ウエルカムドリンクとしてお部屋にお出ししていました、またたび酒。


現在、食前酒としてお食事のときにお出ししております。


たいへん嬉しいのですが、チェックインの際、お客様よりお部屋に「またたび酒」がないことをご指摘いただきました。


ずいぶん前のブログの記事も読んでいただいていたようで、たいへんありがたく、けれど昔の記事をすっかり忘れてしまっていた主人は慌てて、訂正させていただきます。


d0144806_9165251.jpg
d0144806_9171123.jpg

[PR]
by komanoyu | 2012-09-13 09:20 | お食事
今年度の冬期休業突入予定日 11月12日
今年は、長い長い残暑でした。昨日、たくさん雨が降りました。厳しかった残暑もこれで終わってくれることを期待しています。

駒の湯山荘のアブよけの蚊帳も、今週の月曜日に外されました。


今年度の営業は、11月12日の夜のお泊りまでを予定しています。


よろしく、お願い申し上げます。





d0144806_958468.jpg


世界初の温泉真珠誕生を目指して昨年より取り組んでおります「温泉真珠プロジェクト」。

霞ヶ浦よりやってきたヒレイケチョウガイたちが、いくどの困難を乗り越え、未だ温泉の中、生きています。

今年度は、温泉真珠プロジェクトを記念して、お泊りのお客様に、淡水真珠プレゼント「おひとつどうぞ」キャンペーンを継続しております。今年中は、間違いなく、プレゼントできそうです(数に余裕がございます)が、来年度は、未定となっております。

どうぞ、この機会に、ぜひともよろしくお願いします。
[PR]
by komanoyu | 2012-09-07 10:08 | 日記
駒の湯 ひっそり教室
残暑も落ち着いてまいりまして、真夏は、開かずの部屋に近い状態だった駒の湯宝石教室。


このところ、教室への出入りが頻繁になってまいりました。



d0144806_8595248.jpg

d0144806_9304370.jpg

d0144806_903444.jpg
d0144806_904846.jpg

                  教室を見学していただいたときの写真です。              



教室らしく、うんちくを少し。

孔子の論語から、、、


「どんな事柄についても、
それをよく理解している人よりも、
それを愛している人のほうがすぐれている。
その人よりもさらにすぐれている人は、
事柄とすっかり一体になって楽しんでいる人だ。」

「同じことを同じだけ学んでも、
なお同じ道を行くことはない。
道を共にしたところで、
同じ場所に立つことはない。
同じ場所に立ったとしても、
得るものが同じだということはない。」

                                   翻訳家 白取春彦さん訳





教室で、孔子は出てきませんが、難解な事柄でも、翻訳してくれる人が上手だと、分りやすく、理解できると楽しくなってきます。

プロになるには、どんな苦痛にも耐え、すべてのルールを理解しなければいけないのかもしれませんが、少しだけ未知の世界をのぞきたいたい時は、理解よりも、楽しさのほうが、大切なのかもしれないと思うようになってきました。
[PR]
by komanoyu | 2012-09-07 09:36 | 鉱物