カテゴリ:温泉と肌( 10 )
駒の湯温泉をたっぷり使った化粧水
駒の湯山荘の温泉を使用して作られた化粧水

「こまのゆ」


d0144806_1957035.jpg



今シーズンの7月1日に、ついに完成しました。

期間中、品不足が続き、ブログで紹介すらできなかったのですが、リピーターのお客様も多く、とても良い評価をたくさんいただきました。

魚沼の酒蔵で、丁寧に手作りしてもらっています。日本酒と温泉の美容成分をぎゅっと濃縮したのですが、特許技術も使用されています。


d0144806_19573080.jpg



来シーズンからは、できるだけ品切れのないように頑張りたいのですが、興味のあるお客様は、事前にお問い合わせいただけると確実にご用意できると思いますので、助かります。









[PR]
by komanoyu | 2016-11-21 19:02 | 温泉と肌
名刺作り
久しぶりに、手作り名刺(チラシ)を作って、お出かけしました。


d0144806_1805690.jpg



今年は駒の湯山荘開業60周年です。



毎分2千リットル、あふれかえる温泉を、お客様に少しでもより良く楽しんでいただきたく、考えをめぐらせております。



この春のオープンは、ゴールデンウィークの直前を予定しています。


2014年度のご予約お受けたまりは、3月1日朝8時からとなっております。


これからも、心より、お願い申し上げます。



連絡先
090-2560-0305
[PR]
by komanoyu | 2014-01-30 18:00 | 温泉と肌
温泉化粧水
駒の湯山荘の温泉を化粧水の代わりに使われるお客様が増えています。
温泉は無料で、お持ち帰りいただけます。販売目的ではなく、個人的にご利用いただけるのであれば、当山荘をご利用にならないお客様にもご自由にお持ち帰りいただいております。

温泉は、駐車場にある温泉の井戸や
d0144806_1742269.jpg

d0144806_175594.jpg




玄関先の蛇口や
d0144806_1761816.jpg

d0144806_1765261.jpg



お泊りのお客様は、館内の蛇口からも温泉をお取りいただけます。もちろん、お風呂の噴出し口からも
d0144806_1782588.jpg
d0144806_1785125.jpg


そして、この温泉を持って、
d0144806_17113272.jpg


魚沼の酒蔵に行ってきました。

d0144806_17123830.jpg

こちらの玉川酒造さんは、日本酒の成分を使って化粧水やクリームを開発販売されているので、駒の湯の温泉が、化粧水としてどうなのか調べていただいたりもしました。
[PR]
by komanoyu | 2013-11-01 14:56 | 温泉と肌
「源泉そのまま化粧水」 モイスチャーチェッカー
少し前のことになるのですが、駒の湯温泉と似たpHのアルカリ性単純温泉に行ってきました。

熱い温泉だったのですが、一時間頑張りました。

入浴後の肌触りは、駒の湯温泉とは、まったく違いました。

温度の違いのせいなのか、長湯のし過ぎなのか、塩素がはいっているのか、原因はまったく分らないのですが、モイスチャーチェッカーの数字も良くありませんでした。


温泉をあがった後、汗が尋常じゃないくらい出たのですが、それが悪かったのか、モイスチャーチェッカーが、そもそもどれほど信用できるのか不安になり、実験大失敗となりました。


冷静に考えると、よそ様の温泉と自分のところの温泉を比べて、自分のところの方が良いなどといったら、大問題になりますので、方法が間違っていたなあ、と反省しました。

モイスチャーチェッカーは、駒の湯山荘のフロントで、壊れるまで無料で貸し出しにします。
化粧品と比べても、メーカー名をあげて喧嘩になるわけにもいきませんし、、、

良いことも、残念な結果でも、(興味をお持ちの)お客様に気楽に見ていただこうと思いました。


d0144806_18321854.jpg
d0144806_18324478.jpg

[PR]
by komanoyu | 2012-01-22 23:58 | 温泉と肌
「源泉そのまま化粧水」計画 保湿
駒の湯山荘の温泉は、アルカリ性単純温泉です。

一時間以上の入浴をされると、全身エステを受けたようにしっとりすべすべになります。

不思議なことに、長く入浴されれば、されるほど肌はなめらかになります。化粧のノリがぜんぜん違うと、ほめていただくこともあります。

そして、これは、まだ仮説ですが、長時間、入浴されることで駒の湯温泉には、天然のピーリング効果があるのかもしれないと、強く思うようになりました。
いろいろな現象の、つじつまが合うような気がするのです。

通常、ピーリングの後には、美白ビタミンであるビタミンCと、正しい保湿ケアをすると、更にお肌は良い状態になりやすくなります。

特に、正しい保湿は、乾燥肌、脂性、アトピー、毛穴が気になる、といった多くの悩みを改善する効果が期待できます。

そして、この正しい保湿ケア、の「正しい」部分が、非常に重要になります。

保湿の鍵は、「セラミド」にあり、です。

最強の保湿成分であるセラミドの種類には、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6Ⅱなどがありまして、高級な化粧品に配合されていることもあります。

セラミドの後ろに、ナンバーがあるものを、ヒト型セラミドと言って、人間の表皮(肌表面)で水分を蓄える役割をする成分と同じものとなります。

ヒト型セラミドの中では、セラミド2とセラミド3が強い保湿力があると言われています。

他にも、擬似セラミドという、植物(天然)由来のセラミドもあります。ヒト型セラミドよりも、使用感が良いということで、超高級化粧品にも採用されていることもあるようですが、ヒト型セラミドと天然由来のセラミド、どちらがいいのか意見が別れているようです。


また、ヒト型セラミドでも、すべての成分(1、2、3、6Ⅱ)が配合されたセラミドも市販されていますし、特定のセラミドのみを配合した製品もあります。
これも、意見が別れていまして、必要な成分だけの方が使用感や浸透力が良いのでは、、、もしくは、やはり、より肌に近い方(ぜんぶ入っていた方)が良いに決まっているなど、、、など。

自ら試してみるしかないと思い、いろいろ調べているのですが、思いつくままに試すには、とても高価なものが多く、また、常時、主人が使用するわけでもないので、まだ、ひとつも手を出しておりません。

現時点で、一番、興味をそそられるのは、ヒト型セラミドの原液で、日本の多くのメーカーがこの原液を製品に配合しているというもので、超高濃度なのに安いのです。
ただし、そのまま使うには濃すぎるので、自分で他の成分と配合しなければいけないのですが、そのプロセスにも興味がそそられます。

擬似セラミドの原液は、安価ですし、けっこうあちこちで売っていますので、ヒト型、天然、それぞれの原液を買って別々に同じ配合で、実験してみるのがもっとも経済的で、さらに分りやすいかもしれないと考えているのですが、調べれば調べるほど、いろいろ出てきて面白いので、もう少し、迷ってみたいと思っています。


駒の湯山荘として製品を作ったり、売ったりすることはありませんので、
目的は「温泉の美肌効果を科学する」です。
d0144806_15545746.jpg



温泉のピーリング効果についても、時間がかかるかもしれませんが、調べてみたいと思います。
[PR]
by komanoyu | 2012-01-11 23:59 | 温泉と肌
ランプの宿と睡眠
d0144806_23293757.jpg


駒の湯山荘は、自家発電で必要最低限の電力しかありません。

なので、夜の9時頃には、真夜中のような気分になり、本当によく眠れる環境です。


さて、今回もお肌の話です。

人間の肌が作られる(整えられる)のは、夜、睡眠中と言われています。

肌の健康は、食事より、睡眠と言われるほど、大切だそうです。

肌が作られるゴールデンタイムが、夜の10時~2時。この時間帯に睡眠をとることは、フカヒレスープにも匹敵するくらい、お肌によいのかもしれません。

六時間まとめて眠れることも、とても重要で、肌の生成プロセスを途中で中断させないという意味もあるようです。

駒の湯温泉「源泉そのまま化粧水」計画として、まずは肌の基礎を学ぼうと、現在、肌に関することを徐々に勉強中です。

脱線しながらですが、とても興味深いことが多く、面白いです。すごく。



追伸

温泉は無料で、ご自由にお持ち帰りいただけます。容器をご持参いただければと願います。
[PR]
by komanoyu | 2011-12-17 23:59 | 温泉と肌
クレンジングと洗顔
お肌の手入れをする時、熱すぎるお湯だと肌を乾燥させ、冷たすぎる水だと油分を固めて綺麗にならないと読みました。

もう、宣伝にしかならないのですが、とある専門書によりますと、お肌にとって理想的なぬるま湯の温度は、約33度なのだそうで、32度~33度の駒の湯山荘の温泉はお肌にはベストということになりまして、その文字を読んだとき、それはそれは嬉しかったです。
d0144806_21372970.jpg




魚沼は、一日、雪が降っていました。やっと駒の湯山荘への道も、雪に閉ざされそうです。
来年の春まで、イケチョウガイたちが生きていますように。
d0144806_2121565.jpg

[PR]
by komanoyu | 2011-12-16 10:59 | 温泉と肌
真珠と肌
d0144806_18193663.jpg


いつものように、マニアックです。

真珠は、表面を「真珠層」その下の層が「稜柱層」、「有機質層」、「核」と層になっています。

真珠の表面を覆う「真珠層」のキメが細かく整っていることが、真珠が美しくあるための条件となります。

そして、お肌のお話です。

人間の肌も層になっていることを勉強しました。

大きく分けると、「表皮」と「真皮」。

表皮は、「角層」、「角質細胞」、「基底層」とさらに細かく層になっています。

真皮は、表皮の下でクッションの役割をしていて、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸と、テレビショッピングとかで聞き覚えのある素材などで出来ています。


表皮の部分は、なんだか真珠層に似ていて、両方ともキメが細かいことが美しさの条件というところも共通点のように思えました。


綺麗に結晶した真珠を、ずっとその美しさのまま保っておくことは容易です。
けれど、真珠は一度、結晶してしまうと改善できません。


人間の肌は、つねに生まれ変わりますので、たとえ今は悩みが多くても、正しい方法さえ見つかれば改善ができるところが、両者の大きな違いになります。


d0144806_21294590.jpg



こちらは、新兵器。モイスチャーチェッカーです。人間の肌の水分量を、ぴっと検査できます。

宝石の鑑別機器には興味を示さない女将連(若と大)も興味ありげです。


駒の湯の温泉で実験してみたら、とても良い結果がでたのですが、他の温泉や化粧水ではまだ実験していませんので、これから徐々に試していきます。

d0144806_21415774.jpg

[PR]
by komanoyu | 2011-12-13 23:59 | 温泉と肌
皮丘と皮溝
駒の湯山荘は現在、冬期休業中ですので、主人の趣味の話を中心にお送りしております。

ここのところ、温泉で真珠を育てようとする試みの他、主人の趣味である鉱物の話、それと駒の湯山荘の「源泉そのまま化粧水」計画といいますか、温泉の美肌効果に科学的なアプローチをしてみたいと考えるようになってきました。

そういった話題がごっちゃまぜになって、初めてこのブログを見るお客様には何のことやら分らない内容もございますが、ご了承ください。

d0144806_1732192.jpg

鉱物や宝石の勉強をされる人には、なくてはならないルーペ。最初はホームセンターで買ったルーペを、使い方も分らずに遊んでいましたが、だんだん深みにハマルとともに、ルーペも進化していきました。


そして、鉱物用なのですが、

人間(主人)の肌をルーペで見てみました。

人の肌を拡大検査するとき、観察の対象になるのが、

「皮溝」

「皮丘」
です。

皮溝の線がはっきりと深く、皮丘が規則正しく綺麗な形をしている肌を、

キメが細かい

といい、美しさの目安となります。
皮溝と皮丘の理想的な形は、三角~四角。


10倍ルーペでも、主人の手や腕の皮膚を観察することはできました。
けれど、ここで問題です。
ルーペや宝石顕微鏡では、顔の肌を観察することができないのです。
それに、物理的には人様の顔の肌をルーペで見ることはできるでしょうが、あまり顔を近づける訳にもいきません。現実的(マナー的)には不可能です。


家族の顔の肌を使って実験することもできませんし、やっぱり自分の顔の肌を見れなければ実験ができません。

マイクロスコープかあ。。。

モイスチャーチェッカーに続いて、だんだん深みに、はまってしまいそうです。
[PR]
by komanoyu | 2011-12-10 20:59 | 温泉と肌
温泉化粧水 その2
d0144806_11184866.jpg

魚沼の酒蔵、玉川酒造さん。こちらでは、日本酒の他にも各種化粧品も、開発販売されていまして、また、科学的に新種の日本酒を開発することでも有名で、ラボワークというのでしょうか、研究に力をいれておられます。

そして、化粧水の代わりに愛用されている駒の湯山荘の温泉の、化粧水としての効果を検査していただきたく、温泉を持ち込みました。

その場で簡単な実験をして、みなさん「なんだこれは。すごい!」と温泉の効果を褒めていただき、とても勇気が湧いてきました。これから、ちゃんと検査をしていただけることになり、もしかしたら、こちらの会社の化粧水にも、この温泉を使用してみたいなどなど、嬉しい日になりました。

玉川酒造さんは、雪蔵や試飲コーナーもあります。
d0144806_1113587.jpg

d0144806_1154261.jpg


桜の花も、まだ、元気に咲いています(8月の記事です)。雪蔵のパワー。
d0144806_1132899.jpg


試飲コーナー
d0144806_1164882.jpg

d0144806_11172943.jpg

火がつくくらいのアルコール度数(46度)を誇る日本酒も。法的には、日本酒とは表記できないみたいですが、魚沼の米を使って作った立派な日本酒です。
[PR]
by komanoyu | 2011-12-02 20:30 | 温泉と肌