イケチョウガイ産卵???
駒の湯に雪が降り、休憩舎の工事のこともあり、もどるよう連絡がありまして、主人は魚沼に帰ってきました。

そして、温泉池のイケチョウガイたちを見てみると、みんな生きていましたが、なんだか卵のようなものが貝殻に大量についているではないですか。(写真は、まだ、撮ってきていません)
鯉がたくさんいる池の方のイケチョウガイには、ほんのちょっとだけしか卵のようなものはついていません。

鯉たちがイケチョウガイを襲っていたのは、これが原因なのでしょうか???
温泉の池なので暖かく、イケチョウガイたちが季節を間違えてしまったのでしょうか???。それとも他の生物の卵?  他の生物そのもの? とっても気になります。

今日は、屋根から降ってくる消雪用の水が激しくて、カメラをもって池に近づけませんでしたので、明日は屋根の水を止めて(大作業です)写真を撮ってきます。



あと、来年も「おひとつどうぞ」キャンペーンを継続すべく、今回、あちこちで宝探しをしてまいりました。
よい成果がありましたので、なんとか来シーズンも真珠プレゼントキャンペーンを継続したいと意気込んでおります。




下の写真は、今回、目の前で「浜揚げ」していただいた霞ヶ浦イケチョウガイの貝殻です。
中にあった真珠とともに記念撮影です。
実の母貝と真珠のセットは珍しいので、駒の湯山荘に実物を飾りたいと考えています。

d0144806_2317234.jpg

上下とも同じ貝殻です。貝殻も真珠も、ほっておくとカルシュウムの膜のようなものが表面を覆って真っ白になり、真珠の光沢が失われます。なので、浜揚げしたら、すぐに特殊な液体(内緒)で洗浄しなければいけないのですが、この貝殻まで、特別に洗浄していただきました。なので真珠光沢が輝いていて美しいです。職人さまは温度を心配されていましたが、巧くいったようです。通常、貝殻は洗浄しないそうです。
d0144806_23172315.jpg


この真珠は、この霞ヶ浦イケチョウガイから採れた霞ヶ浦パールです。国産の淡水真珠は、希少です。主人の大切な宝物になりました。
d0144806_23241193.jpg

d0144806_23275452.jpg

[PR]
by komanoyu | 2011-11-26 23:57 | 温泉で真珠
<< ヒレイケチョウガイの卵? ちょっとだけ、自慢どす >>